Backcountry Leader Training Program 【バックカントリーリーダー養成プログラム】

バックカントリー教室バックカントリーリーダートレーニングプログラム

2014-15 スノーシーズンまであと2ヶ月半となりました。
バックカントリーツアーが広まり、ユーザーが増え、ガイドレスでバックカントリーを滑るスキーヤーやスノーボーダーは、この10年ほどの間に急増したと思います。

個人的にバックカントリーへ入るということは、「怪我と弁当は自分持ち」というやつで、自己責任で全てを考える必要が出てきます。それは、ガイドツアーとは全く違うシチュエーションであり、遊び方も当然違ってくるわけです。

果たして週末ユーザーの方々が、どこまで踏み込めるものなのか。
毎日雪の上に立ち、雪山の空気に触れているぼくたちは、シーズン中に一週間も山に入ることができなければ、その次に入るときには緊張しコンディションを念入りに確かめて臨みます。雪山は刻一刻と変化をしていますから、先週と同じはあり得ませんね。

KinTouNでは、バックカントリーを自分の力で滑りたい方やバックカントリーのことをもっと知りたいという方のために、雪のない11月初旬から春まで間、月に一度(1泊2日)程度のペースで全5回、シーズンを通してバックカントリーリーダーを養成するプログラムを実施する予定です。

対象者:

ガイドをつけず自分たちの力だけでバックカントリーへ行きたい方

バックカントリーについてもっと知りたい方

目標:

関東でいえば、かぐらバックカントリーや前武尊バックカントリーのような山域を初見でも自力で行けるレベルを目指します。アイゼンやピッケル、ロープなどを積極的に使う岩稜帯のある山岳エリアでの行動は今回は含みません。ただし、それらの道具を使うプログラムは実施致します。

内容:

1、バックカントリーの基本知識
2、バックカントリーを行動する
3、リスクマネージメント
4、ロープワーク
5、ビヴァーク
6、ハイクとスキーイング

 

プログラムの詳細は近日中にアップいたします。

ご興味のある方は、要チェックです!

よろしくお願いします。

 

KTN バックカントリーガイド

Kenichi Minegishi

 

Guide Training Crew is accepted【バックカントリーガイドトレーニング生受入れ】

ウィスラー
KinTouNガイドチーム

【ガイド研修生受入れ要項】

KinTouNバックカントリーガイドチームでは、2014-15スノーシーズンに向けて、バックカントリーガイドを目指す研修生を受け入れます。

シーズン中は、ガイドチームの一員として、バックカントリーガイドツアーへ同行し、ガイドのノウハウを学びつつ、接客なども学んでいただきます。KinTouNガイドチームは、シーズン中にツアーだけで100日以上、140日ほどの滑走日数がありますので、充実したスノーライフを送ることができると思います。

数年後に日本山岳ガイド協会スキーガイドステージⅡの取得を目標にトレーニングを実施いたします。

チームに入る条件は簡単ではありませんが、KinTouNガイドチームに相応しいやる気のある人を望みます。

募集人数:1〜2名

条件:

  1. バックカントリーガイドを目指す20歳から30歳までの健康な男女
  2. バックカントリーの経験は不問
  3. スキー、スノーボード、テレマークスキーなどで滑ることが大好き
  4. 対人のコミュニケーションができる
  5. 海外居住経験がある
  6. 日本語以外に会話のできる外来語がある
  7. 11月中旬〜6月中旬までのうち4ヶ月以上チーム員として滞在が可能
  8. 滞在中に生活ができる資金がある
  9. ガイドアップするまでは給与なし(ガイドアップ後は当クラブ規定の給与が発生します)

必要な資格:

自動車普通免許

ガイドアップへ必要な資格:

トレーニング開始から2シーズン以内に取得すること

日本雪崩ネットワーク レベル 1
ウィルダネスファーストエイド 40時間以上

生活費:

個人差はあるでしょうが、一ヶ月6、7万円くらいで生活ができると思います。

生活、リフト券、資格取得費用、宿泊費、交通費など、実費自己負担

宿泊:コッシーハウス利用可(1万5000円 / 月)電気水道ガスなどの光熱費込み
自部屋の暖房費(灯油代)自己負担

かぐらスキー場シーズンパス支給(途中で辞めた場合には返却すること)

他リフト券の支給がある場合もあります。


ガイドトレーニングを希望される方は、下の履歴書のテンプレートをダウンロードして、必要事項を記入しKinTouNまでメールで送ってください。
また、ご自身の写真を添付してください。胸から上の写真を一枚、全身写真を一枚です。また、ご自身がもっとも気に入っている雪山での自分が映っている写真があれば一枚添付してください。

【履歴書のテンプレートをダウンロードする】

メールをいただいた方には、こちらよりご連絡を差し上げます。
ご不明な点やご質問などございましたらお気軽にご連絡をいただければ幸いです。

トレーニング生受入の可否については、こちらの審査がございます。

なお、募集期間は未定です。こちらで適当と判断をした時点で予告なく締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

メールはこちらまでお願い致します。

snowtrip(at)kintoun.jp 峯岸宛
※注意(at)を@に書き換えてください

KTN バックカントリーガイド
Kenichi Minegishi

Whistler Blackcomb Ski Session 2014-15 Season In!【来シーズンの滑り始めはウィスラーがオススメ】

ウィスラースキー

【シーズンインをウィスラーブラッコムで滑り込む!】のススメ

 

ウィスラー
ブラッコムマウンテン

ウィスラーブラッコム!

カナダ、ブリティッシュコロンビア州の西海岸にほど近い、ウィスラービレッジに並ぶ二つの山がスキー場であるウィスラーマウンテンとブラッコムマウンテンです!

言わずもがなでしょうが、北米を代表する巨大なスキーリゾートであります。

2013年12月初旬、KinTouNガイドの峯岸と輿水が、シーズンインの滑り込みとして、行って参りました〜!

峯岸と輿水の二人は、ときは違えど、過去にウィスラーでスキーシーズンを過ごしていた経験があります。僕こと峯岸のスキー感は、ウィスラーで培ったといっても過言ではありません。輿水もまたそうでしょう。

滑っても滑っても滑り切ることは一生ないんじゃないか?と思ってしまうほど、懐の深いウィスラーブラッコムなのであります。

ウィスラー
スノーマシンがフル稼働のウィスラーマウンテン

なぜ僕らが、12月のウィスラーへ行くのか。雪はあるのか?などと良く聞かれますが、それは、ガッツリと滑り込みができるからです!

ウィスラーのシーズンは11月中にスタートします。また、11月から12月は積雪量が増える時期なので、降雪量が多い時期でもあります。パウダーゲット率高し!!そして、最新鋭のスノーマシンがフル稼働で雪を作ってくれているのです。

ウィスラー
にぎわうゲレンデ

シーズンインとともに賑わうゲレンデ。

スキースクールのルーキーセッションやローカルライダーの若い子たちがたくさん!

とにかく滑りたいというスキーヤーやスノーボーダーが、日本のハイシーズン並みに遊びに来ています。アルパインのオープンしていないエリアはまだたくさんあるけれども、十分にロングランを滑ることができます。準備が整いしだい、滑走可能なエリアが続々とオープンするのです。

ウィスラー
シンボル「ブラックタスク」

そう、12月のウィスラーは、まだスキー場のコースが完全にオープンをしているわけではありません。アルパインエリアは、整備が行き届いていない場合は、まだクローズしていますが、そこへ続くルート上には看板が立ち、気をつけるべき内容を表記してくれているので、いわゆるサイドカントリーというかバックカントリーのようなエリアとして滑ることも可能な場合があります。

せっかくウィスラーに行ったなら滑りたい、45度を超える斜面で人気のスティープラインは「◆◆(ダブルブラックダイヤモンド)」と呼ばれていますが、ハイシーズンの◆◆はたくさんの人が滑るためにコブ斜面になっていることが多いです。シーズンインのまだオープンしていないアルパインエリアでは、◆◆もフレッシュなパウダーを滑れる可能性が高いので、バックカントリーのスティープな斜面を滑る練習にもなりますよ!

ウィスラー
未整備のクローズドエリア入口の看板

ビーコン、持ったか?ショベル持ったか?

そろそろエアバッグ持ってるか?も加えられそうですね。

ウィスラー
オープンしていないコースでフレッシュパウダーを滑る!

オープンをしていないということは、リフトが稼働していないということで、シールで軽くハイクをしたり、滑ってトラバースしたりして斜面まで移動します。

写真はリフトトップからスケーティングで移動して、ドロップイン!

ウィスラー
ブラッコムマウンテンのパカロロ(◆◆)オープン前のフレッシュ!

少しハイクアップをすれば、まだ手つかずのパウダーがたくさんあります。

4年前のバンクーバーオリンピックにあわせて開発されたゴンドラ「Peak 2 Peak」に乗れば、ウィスラーとブラッコムの両山を行ったり来たりが可能なので、コンディションに合わせて山を選べるのがありがたいです。空中に浮いている高さが世界一!

ウィスラー
Peak to Peak ゴンドラ

サイドカントリーからバックカントリーへ。

この時期は自分の足を使えばバックカントリーエリアも楽しむことができます。

ウィスラー
どこ滑りましょうか〜

ウィスラーマウンテンの一番奥には、シンフォニーボールと呼ばれるエリアがありますが、リフトが架けられ開発された一番新しいエリアです。ここは、オープンされるまでは広大なオフピステエリアとなり、アルパインはもちろん、ツリーランも楽しむことができます。

ウィスラー
降雪がなくてもいい雪は必ずどこかにありますよ〜

日本では、12月の初旬に滑ることができる山やスキー場は限られています。

シーズンインの体が滑りモードになっていない、冬の寒さに慣れていない時期、11月の立山でシーズンインを迎えるというバックカントリースキー、スノーボーダーの方は多いとは思いますが、1〜2時間ハイクして、30秒〜60秒の滑走は、まだ少し体にきついかもしれません。

ゴンドラやリフトアクセスで、1日の滑走標高差3000m以上、距離にして30km以上滑ることができれば、滑りの体は一気に出来上がっていくことでしょう。ほんの4、5日の滑走で帰国後はハイシーズンのように滑りに集中できるかもしれません。

そして、ビレッジに戻れば、カナディアンなビールのつまみが待ってます!

ウィスラー
ナチョスグランデ!
ウィスラー
チキンウィングとカナディアンビール!

う〜ん、このジャンク感がたまらない〜(笑)

少し太って帰国しちゃうかもですね。

またウィスラーに在住の日本人の方々にも、会ったりします。

一緒にセッションできたら最高です!

ウィスラー
ヘリスキーガイドの柳沢純さん

ウィスラーにあるオプショナルツアー会社「Japanada」の代表でありラストフロンティアヘリスキーでガイドをつとめている柳沢純さん。ウィスラーのレジェンドですね!スキーはめちゃうまです!

ウィスラー
コッシーとビッグマウンテンスキーヤーの佐々木悠

Hart Filmsで活躍する佐々木悠のウィスラー連れ回しの刑は、言い訳をして逃げ出したい気持ちになるほどのガッツリ系滑り込みです(笑)アドレナリンが過剰にでます。

ウィスラー
若手?カナダ国内をメインに活動するウィスラーローカルの面々

ウィスラーローカルの頑張ってる日本人ライダーとのナイトセッションも最高です!

彼らはマジで応援する価値ありますよ!

ビッグマウンテンスノーボーダーでありNorronaアンバサダーの渡辺雄太、テレマークの中塩順大、もう一人のレジェンド野口英男さん。まったく愉快な仲間たち(笑)

ウィスラー
KinTouNガイドチーム

2014-15スノーシーズンの12月初旬、KinTouNでは、ウィスラーをベースにした滑り込み「合宿」てきな、フリーライディングツアーを開催予定です。

シーズンのはじめにとにかく滑って、体を滑りモードにすること。カナダの広大なゲレンデやオフピステを僕らと一緒に滑り、もしかしたら2015シーズンでもっとも思い出に残るような経験を味わっていただけるのではと思っています。(もちろんハイシーズンにその最高を更新することも僕らの大切な仕事です(^^))

11月下旬から12月3週目(クリスマス前)位までの間で、期間内に好きなタイミングで来ていただくようなスタイルにしようと思っていますが、詳細はこれから決めていきます。

ご参加いただける人数に応じて、宿泊施設やプラン、料金などを決定します。

この時期は航空券、ホテル、リフト券なども割安な時期ですので、みなさんの休暇を工面することが一番頑張るところだと思います(笑)

8月いっぱいまでにご参加を前提としたお問い合わせをいただいた人数で、プランを組み立てようと思いますので、ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください!

来シーズンのシーズンインは、ぜひウィスラーで!!

 

ウィスラーブラッコムスキー場オフィシャルウェブサイト

 

KTN

Minegishi

FUJIYAMA RIDE&BBQ 2014 【富士山麓でバーベキュー】

IMG_2845

GW明けの5/11(日)は富士山麓で、RIDE&BBQを開催しようと思っています。毎年恒例のイベントです。
午前10時くらいからのんびりとBBQを楽しもうと思います。前夜祭も密かに開催予定です。

IMG_2844

参加費などは、またお知らせいたします。たぶん2000〜3000円くらいです。小学生以下は無料です。

今回は御殿場口の駐車場でやろうかなと思っています。標高1,300mのBBQ。ちょこっと雪あるかな?
何か遊びも考えておきますね。

ご参加をご希望の方は直接ご連絡ください。よろしくお願いいたします。

 

KTN

Kenichi