東北パウダーキャラバン 160104-05

青森発!東北パウダーキャラバン!

DSC_0403
青森ナイトから一夜明け、岩手県の八幡平へ南下。

DSC_0405
御在所から先は冬季道路閉鎖のため

DSC_0406
旧八幡平スキー場へ。
ノスタルジックなスキー場跡地。

DSC_0410
八幡平も積雪は少なく、藪、笹あり。

DSC_0424
天気も相まって、ここからの景色もかなりノスタルジックです。
世界の廃墟から。松尾鉱山跡地。

DSC_0426
今日はここを山頂とします。気温も下がって

DSC_0469
雪もモッサモッサ降ってきました~。

DSC_0491
かたくしまった雪の上にうっすらパウダーが。

DSC_0485
滑りやすく板も走るナイスパウダー。

DSC_0516
からの

DSC_0518

DSC_0523
ナイスな沢へ。笹多めですが

DSC_0534
雪たまってますね~。

DSC_0541
こちらも板が走り地形もgood。

DSC_0560
積雪の浅い時だからこその地形ですね。

DSC_0575
残念ながら岩手山は見えませんでしたが、逆に
ノスタルジックな松尾鉱山跡地と旧八幡平スキー場でした。

DSC_0597
世界の廃墟を滑る。お疲れさまでした!!

DSC_0005
からの、さらに南下し北上市へ。

DSC_0009
囲炉裏を囲っての北上ナイト。

DSC_0016

DSC_0030
焼き物から

DSC_0035
〆の鍋まで。

DSC_0038
奈利多いろり。名店でした。

DSC_0040
北上ナイト。

DSC_0041
今回は一軒のみでしたが

DSC_0042
次回はさらに開拓したいと思います。

DSC_0045
DAY-2へ続く。。。

DSC_0053
東北パウダーキャラバン。DAY-2。
OH MY GETO!夏油高原スキー場へ。

DSC_0047
降雪後ですが、人は少なく

DSC_0100
パウダー滑り放題です。

DSC_0219
そして、降り続く雪とともに新雪もどんどん深くなり。
スプレーもオーバーヘッドに。。。

DSC_0222

DSC_0260
積雪自体はまだまだですが、もっと積もれば
夏油は壁天国。だそうで。

DSC_0262
壁天国。いい響きですね。

DSC_0288
滑っても滑ってもパウダー。

DSC_0289

DSC_0304
急斜面あり

DSC_0325

DSC_0338
ツリーランあり。

DSC_0363
OH MY GETO!夏油高原スキー場。降りやみません。

DSC_0364
東北パウダーキャラバン。八幡平からの夏油パウダーセッション。
おつかれさまでした!ありがとうございました!!

八甲田ニューイヤートリップ 160103

八甲田ニューイヤートリップ!DAY-5!

DSC_0003
とうとう最終日です。

DSC_0004
NEW SNOW 1cm。気温高め。

DSC_0007
湿気も高くガっスガスですが、行ってみましょう。

DSC_0009
歩きます。

DSC_0015
樹氷の森を経て

DSC_0019

DSC_0022
滑走へ。

DSC_0039
ドロップイーン!

DSC_0044
モイストパックドパウダー。

DSC_0078
視界もゼロでスキー的には

DSC_0091
テクニカルですね。。。

DSC_0137
そして再び歩き

DSC_0139
次の斜面へ。

DSC_0141
お!雪いいよ~!!

DSC_0213

DSC_0228 お!いいよ~。

DSC_0277

DSC_0281

DSC_0285
ナイスパウダーでした!

DSC_0287
からの森へ。

DSC_0317
視界ゼロのディープパウダー。テクニカルでウネリの激しい樹氷ラン。
トップからボトムまで様々な滑走が楽しめる八甲田ですが
最大の魅力はやはり、このメローなツリーランですね。
このまま天国にでも繋がっているんじゃないかってぐらい
エンドレスに続く気持ちいいメローなツリーラン。

DSC_0324
唯一無二の山。八甲田。
湿気と風による豊富な積雪に樹氷。
ここでしか滑ることのできない雪質に地形。

そして、激しい吹雪とメローなツリーラン。
このギャップに人々は惹きつけられるのでしょうか。

DSC_0328
八甲田ニューイヤートリップ。ラストラン。

DSC_0339
お疲れさまでした!

DSC_0344
そして

DSC_0347 八甲田山荘を後にし

DSC_0353
青森市内へ。

DSC_0358
初詣。

DSC_0362
からの青森ナイトといえばやっぱり林檎屋!

DSC_0364
ニューイヤートリップ!メインイベント?の
始まりで~す!!

DSC_0368
生ラムジンギスカン。美味すぎる~。

DSC_0374
アツアツの火鍋!これも美味すぎる~。

DSC_0378
THE正月太り!胃と肝臓はもう限界です!!

DSC_0381
からの二次会はカラオケ!

DSC_0387
いつものスナックはお休みなので、今年はカラオケボックスですが

DSC_0394
歌えりゃいいんです。

DSC_0395
ワタスキしばりからの浜省しばり。そして
抱腹絶倒の藤岡藤巻。もう腹筋がちぎれるかと思いました。
青森ナイトは終わらない。。。

12459755_818977581562028_762699525_n
八甲田ニューイヤートリップ。
朝から晩まで。たくさん滑って、たくさん飲んで。
振り返ってみると、まさかの1日17時間行動と
かなりハードな5日間でしたが、笑いの絶えない日々でした。

美味しい食事はもちろん
連夜の飲み会も温かい目で見守ってくれた八甲田山荘の皆様。

例年より少ない積雪で難しいコンディションの中、朝から晩まで
八甲田のすばらしい魅力と良い雪をガイドしてくれた牧野さん。
並びに八甲田ガイドクラブの皆様。

また、そんな激しいツアーにご参加いただいたゲストの皆様。
本当にありがとうございました!!
来シーズンも年越しはやっぱり八甲田!!の前に春も来たいですね。

八甲田ニューイヤートリップ 160102

DSC_0004
八甲田ニューイヤートリップ。DAY-4。

DSC_0006
24時間降雪15cm。気温高め。風強め。

DSC_0009
八甲田ガイドクラブ牧野さん。
今日はスノーボードでリードガイドです。

DSC_0017
モイストパックドパウダーですが
スノーボードであればいけるでしょう。

DSC_0026
という事でドロップイン。

DSC_0039

DSC_0043

DSC_0077

DSC_0098
ん~見えない!

DSC_0103

DSC_0108
見えないけど雪はいい!!

DSC_0128
八甲田でノートラックパウダーを滑るためには
視界がなくとも滑れるという事が重要です。

DSC_0131
そしてハイクアップして次ぎの斜面へ。

DSC_0132
ドロップイン。

DSC_0147
モイストパックドパウダーな緩斜面。

DSC_0149
スキーにはなかなかテクニカルですね。

DSC_0158

DSC_0162
からのバンクドツリーランへ。

DSC_0169

DSC_0186
ウネリの中を右へ左へ。

DSC_0189
休憩。

DSC_0193

DSC_0220
そして再びバンクドツリーラン。

DSC_0222
メローなバンクがエンドレスに続き

DSC_0235
銅像ルート。お疲れ様でした。

DSC_0238
午後。

DSC_0240
気温高め。風は強いが寒くはない。。。

DSC_0244
そして、標高の高いエリアはパックドパウダー。

DSC_0248
からの

DSC_0252
フォレストコースへ。

DSC_0263
ここのウネリもやっぱりいいですね。

DSC_0272
しかし後半は

DSC_0273
かたくしまった雪質で

DSC_0322
もう足は限界。。。

DSC_0326
おつかれさまでした!

DSC_0001
お酒を追加し八甲田ラストナイト。
いよいよ明日は最終日。DAY-5へ続く。

八甲田ニューイヤートリップ 160101

あけましておめでとうございます。
本年もガイドクラブ筋斗雲をよろしくお願いいたします。

DSC_0002
八甲田ニューイヤートリップ。DAY-3。

DSC_0005
今年は二日酔いなし?で新年を迎えることができました。

DSC_0007
全員、無事滑れそうですね。

DSC_0010
そして、3日目ともなると
何も見えない事が、もはや普通の事に感じてきました。

DSC_0021
例年になくテクニカルなモッコ沢。

DSC_0028
NEW SNOW 5cmですが、風で雪が入ってますね~。
いい感じです。

DSC_0032
からの森へ。

DSC_0035
厳冬期の八甲田といえば白黒の世界。
今日も森の雪は良い。

DSC_0057
からのゲレンデセッション。

DSC_0067
連日の降雪でゲレンデのコンディションも最高。

DSC_0086
八甲田はスキー場もいいですね。

DSC_0101
そして午後。

DSC_0106
滑っても滑ってもノートラック。

DSC_0108
降り止むことにない雪。

DSC_0136

DSC_0141

DSC_0174

DSC_0179

DSC_0187
めずらしく転倒する元美人編集長。

DSC_0185
とりあえず。。。
助ける前に撮ってみました。

DSC_0196
八甲田は風で地形も複雑です。

DSC_0226
また、そこが楽しいところでもあります。

DSC_0257
フォレストコースへ。

DSC_0260
ここのウネリも楽しいですね。

DSC_0266

DSC_0287

DSC_0289

DSC_0455
白と黒の世界。その他の色はウエアのみ。

DSC_0493
新年を迎えた今日も、たくさん滑りました。

DSC_0556
おつかれさまでした。

DSC_0029
からの、元旦もちつき大会。

DSC_0080
正月ですね~。
夜はしっぽり。DAY-4へつづく。

八甲田ニューイヤートリップ 151231

DSC_0002
八甲田ニューイヤートリップ!DAY-2!

DSC_0006
24時間降雪20cm!!昨日の日中に降った雪ですね。

DSC_0008
パープルブルーの集団。サーカス?ではなく

DSC_0010
八甲田ガイドクラブのみなさんでした!

DSC_0012
そして本日も厳冬期の八甲田らしい視界の中

DSC_0015
樹氷の森を進みます。

DSC_0022
雪が風で舞う中

DSC_0101
ドロップイーン!

DSC_0104
風の強い八甲田特有のクリーミーな雪質。

DSC_0152
踏みごたえのあるナイスパウダーですね。

DSC_0250
そして次の斜面をのぞいてみると・・・
雪崩の破断面が。。。あちゃ~

DSC_0256
破断面は1m以上。そしてその下の積雪は30㎝ちょい。
硬い滑り面の上にはザブザブのこしもざらめが。。。

DSC_0291
という事でとなりの尾根へ。

DSC_0317
ゆるい尾根ですが、こちらもナイスパウダーでした。

DSC_0344

DSC_0346
からのハイクアップ。

DSC_0348

DSC_0349

DSC_0353
次の斜面へ。

DSC_0359
お!雪いいよ~!

DSC_0391

DSC_0396

DSC_0404

DSC_0436
標高を下げると風もおさまり

DSC_0438
フワッフワッの粉雪に。

DSC_0443
温泉ルート。

DSC_0448
藪~ランへ。

DSC_0450
密すぎる藪。かなりテクニカルです。。。

DSC_0459
藪、濃いですね。

DSC_0461
そして密な藪の森をぬけると・・・

DSC_0475
開けた森が。
浅い積雪により地形もでていて、最高のツリーラン!
雪もGOODで気持ちいい!!

DSC_0480
からの密な藪~ラン。

DSC_0483
アゲイン。

DSC_0484
おつかれさまでした!!

DSC_0485
豪華すぎる夕食。

DSC_0489
おつかれさまでした!

DSC_0492
そして夜の部。

DSC_0493
こちらも豪華な景品をかけた

DSC_0496
パイフェイスゲーム。

DSC_0504

DSC_0508

DSC_0555
似合いすぎてますね(笑)

DSC_0620
おめでとうございます!!

DSC_0636
からの今年もこれが・・・

DSC_0637
八甲田山荘名物。スキーショット。

DSC_0663

DSC_0730

DSC_0843

DSC_0901
あけましておめでとうございます!

DSC_0910
本年もよろしくお願いいたします!!
DAY-3へ続く。。。

八甲田ニューイヤートリップ 151230

DSC_0005
今年も来ました八甲田山!!
初日の今日は午後からスタート。
まずは足ならしですね。

DSC_0006
ロープウェイ山頂駅を出ると

DSC_0008
厳冬期の八甲田。あいかわらず何も見えません。。。

DSC_0013
何も見えませんが、とりあえず滑りましょう~!

DSC_0017
厳冬期の八甲田らしい景色の中

DSC_0024
滑走。

DSC_0038
New Snow 35cm。フワッと積もった雪は
風の強い八甲田らしからぬかる~い雪質。

DSC_0043

DSC_0077

DSC_0085

DSC_0101

DSC_0114

DSC_0125

DSC_0132

DSC_0140
想像以上にいいですね~。

DSC_0151
斜面が見えない感じも八甲田という感じで

DSC_0154
いいですね~。

DSC_0155

DSC_0162

DSC_0191

DSC_0197

DSC_0235

DSC_0246
そして、今年も筋斗雲チームをガイドしてくれるのは
八甲田ガイドクラブ牧野さん。今年はパープルブルーのノローナです。

DSC_0276
紫多め。

DSC_0280
青多め。

DSC_0283
安定の紫。

DSC_0297
からのウネリが最高に楽しいフォレストコース。

DSC_0352

DSC_0357

DSC_0362
雪も終日降り続き

DSC_0375
エンドレスパウダーランを2本。

DSC_0376
もう足も限界。。。

DSC_0509
という事で本日はここまで。

DSC_0005
おつかれさまでした~!

DSC_0009
夜の部。
足ならしならぬ飲みならし。

DSC_0015
昼間のパウダーはどこへやら。滑りの話は一切なし。

DSC_0020
男同士のあつい抱擁をくりかえし。

DSC_0023
終了。DAY-2へ続く。。。
大晦日。明日が本番です。