大雪山旭川パウダートリップ201623-25

遅ればせながらシーズンインを果たしました!

毎年のことですが、12月中旬を過ぎれば北海道は整ってきますね。
関東に住んでいるものとしては、何度行っても海外へ行くような気分が抜けません。

Love Hokkaido♡

今年の旭川近郊は雪がここ数年の中では少し早かったこともあり、ある意味いつも通りの旭川になってます。※このところ雪が少なかったですからね。。。
札幌は観測史上最大の大雪だとか!世界中から注目されている北海道なだけにハイシーズンは盛り上がりそうですね!

やっぱり!と言いたくなる。この時期は北海道へ行けば間違いない!
たぶん

今回もご参加のみなさまのおかげで楽しく滑り込むことができました!

ありがとうございました!

Kintounバックカントリーガイド
峯岸健一

北海道パウダートリップ 後半編 その1

DSCN8336

2015年12月19日(土)北海道パウダートリップ後半ツアーのスタートです!

前夜は運転することも危ういほどガンガンに雪の降っていた道北です。ただ、雪不足のためにゲレンデのボトムまでしっかり滑りきることができるスキー場が少ないため、ガンガン降雪のあったエリアよりも少しだけ南に移動をして、富良野スキー場へやってきました。

DSCN8335

おっと〜!パウダーではないですか〜!?

標高1000mを超える山頂付近はドライなパウダーがもっさりと積もっていました。
DSCN8334

本日よりご参加の皆さんは初滑りの方々が多かったので、足慣らしをしつつ徐々にパウダーゾーンへ。

やっぱりふかふかパウダーは、最高です!

DSCN8338

林の中は藪が埋まりきらないので、少々忙しいですが、それでも雪は良い!!
DSCN8337

ひゃっほーー!

DSCN8346

日が落ちるのが本州よりも早い12月の北海道。気がつけ薄暗くなりスキー場は閉店でございます。

IMG_4044

先週までは街に雪のなかった旭川もようやく白くなりました。

そして、もくもくの炭火焼、塩ホルモンの「炭や」!
IMG_4045

もくもくすぎて店内で遭難しそうでしたが、ビールやハイボールが進む〜♪そして激安!

ごちそうさまでした!

DSCN8347

12月20日(日)メンバーが増えてカムイスキーリンクス!

滑り込みをしっかりやりますよ〜!

DSCN8349

スキー場のボトムまでくると陽気は春?いやいや、ポカポカな12月です。

圧雪をとにかくたくさん滑って体が温まってきましたよ〜。

DSCN8351

午後はプチサイドカントリーで祭りの後的なボコボコパウダーで腿に喝を入れます!

DSCN8367

ボコボコを滑りに来たのにノートラックがあるとそっちへ吸い込まれる。。。

気合がたりーーん!でも、それが普通ですね(^^)
DSCN8350

これでもかというほどにボコボコパウダーを滑り倒す!

DSCN8359

ボコボコといえどソフトな雪は気持ちいいすな〜。

DSCN8370

これまたラストまで滑りきって滑りの部が終了。よく頑張りました。

IMG_4047

夜の部開始!

IMG_4048

貝からの出汁だけを使った鍋というか焼き?

これが絶品です!

IMG_4055

お腹がパンパンでも1日1ラーメン!

中辛で四川みそラーメン!ここは毎年きちゃいます。

IMG_4058

そして、昼間に融解した雪が夜になって冷え込み、恐怖のツルツルワールド!

危険です!
IMG_4051

日本最北端ですか。

旭川の夜、、、楽しすぎて危険です!

 

つづく

 

KTN

峯岸健一

シーズンイン立山バックカントリーツアー 151129

シーズンイン立山バックカントリーツアー!DAY-2!

おはようございます。
雪は明け方降り止みましたが、まだ晴れず。
DSC_0088

とりあえずテントを撤収して、ターミナルへ荷物をデポ。

まあ晴れる予報なんで行ってみましょう。
DSC_0094

視界は昨日と変わらず。
DSC_0095

小休止。
DSC_0100

すると。。。
DSC_0104

晴れました~!!
DSC_0105

テンションも上がったところで再び歩きだし
DSC_0110

室堂山方面へ。
DSC_0120

DSC_0122

到着!
DSC_0125

それでは行っちゃいましょう。
DSC_0129

イエイ!!
DSC_0131

DSC_0134

適度に沈降した雪は踏みごたえがあり、サラッサラの積雪表面は板も走る走る。
いや~ホントに
DSC_0154

気持ちよかったっすね~。
DSC_0169

そしてまだまだ続きます。
DSC_0173

DSC_0181

DSC_0193

DSC_0200

最高に気持ちいいパウダーを
DSC_0248

ボトムまで滑走。
DSC_0252

いや~良かったっすね~。
DSC_0260

お昼を食べて再びハイクアップ。すると。。。
DSC_0262

モクモクモクモク。ん~
DSC_0265

フラットライトですね。これは。
DSC_0266

という事で慎重にドロップイーン。
DSC_0300

DSC_0304

DSC_0311

雪面が~見えないぞ~。
DSC_0319

DSC_0331

天候の変化で雪質はモイストに
一気に変わりましたね~。
DSC_0340

そして再び登りかえして、室堂ターミナルへ。
DSC_0364

お疲れさまでした!!
DSC_0365

シーズンイン立山。二日間ではありましたが、
アルパインエリアでの滑走や雪上キャンプをする事で
一気に雪山の感覚が戻ってきたのではないでしょうか。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!
DSC_0368

シーズンイン立山バックカントリーツアー 151128

シーズンイン立山バックカントリーツアー!!

立山黒部アルペンルート扇沢駅。久しぶりの雪景色です。
DSC_0010

11月に入り、暖かい日々が続きましたが
ようやく2015-16シーズンを迎える事ができました。
DSC_0012

黒部ダムも積もってますね~。
DSC_0014

乗り継ぎ乗り継ぎ。
DSC_0016

室堂到着。雪降ってますね~。
DSC_0017

とりあえず、今日の宿泊地。室堂平にテント設営です。
DSC_0021

ん?これ男5人いけるか?
DSC_0019

まあいけるでしょうという事で。行動開始。
DSC_0023

まずは、ビーコンの使い方の確認。シーズンインですからね。
DSC_0027

ビーコンの性能を活かすためには、その特性を理解する事が一番重要。
DSC_0028

どうですか?
DSC_0029

そしていよいよシーズン一発目。登って滑ります。
DSC_0032

初滑りへ。雪は良さそうですね。
DSC_0033

とはいえ積雪は浅く、岩も出ているため慎重に
DSC_0035

初滑り。ん~見えない。
DSC_0044

けど雪はいいよ~。
DSC_0039

2本目へ。すると、、、
DSC_0051

雷鳥さん。冬仕様です。
DSC_0052

あらためて冬。来ましたね~。
DSC_0056

そして、視界は相変わらずなのでゆっくり滑走。
DSC_0057

DSC_0061

DSC_0066

DSC_0082

久しぶりの滑走。
シーズンインの立山は一気に冬を思い出させてくれますね。
DSC_0083

そして、明日の天候回復に期待しつつテント場へ。
DSC_0086

モノポールテントで鍋を囲む。立山ナイト。実はこれが一番楽しみだったりも。
雪の降る続く室堂平。明日は晴れるかなあ。
DAY-2へ続く。
IMG_20151128_181521

SEASON IN TATEYAMA SNOW CAMP 141129-30【立山スノーキャンプ】

立山バックカントリー

立山クローズ前の最終週末。今回はスノーキャンプです。

朝の扇沢は土砂降りの雨、そして、雷ゴロゴロ。

天気予報通りでございます。

急いでも仕方がないので、少なくとも雨が上がるまで待機しましょうということで、ホテル立山のラウンジでまったりコーヒータイム。それでも、予報より少し早めに天候が回復してくれたので、テントをセットアップ。

すると、なんということでしょう!青空が〜!!!

急いで滑りの支度を整えて出発!しかし、あっという間に濃霧に包まれてあえなくテントへ帰還。気温が高いので、春のような濃い霧にはかないませんでした。
立山バックカントリー

それもマザーネイチャー。仕方がないので、キャンプを楽しみます。

こんなとき、テントで良かったと思うことがあります。なぜならば、ホテルと違って、テント泊はやることがたくさんあるからです。テント泊楽しい!

立山バックカントリー
いつも使っているモノポールテント。フロアがないので、下の雪を造形してテーブルやらベンチやらをショベルで作ってみんなのダイニングルームになります。

ぼくの今回のテストは、そんな大事なダイニングルームのそのポールを専用のアルミポールを敢えて使わず(持ってきてもいない)スキーポールを流用してみました。ブラックダイヤモンド社(BD)のストラップでバスケットを外した2本のスキーポールを互い違いにして束ねてみました。うん、全然問題なしですね。BDのストラップは材質に粘りがあってグリップがとても良いので、がっちりと決まります。これで、ポールを持ってくることなく荷物を減らすことができる!

立山バックカントリー

翌未明。

満点の星空、無風、気温は高め。僕らは予定通りに朝日に染まった山を見に行こうとヘッドライトの明かりを頼りにハイクアップ開始。

立山バックカントリー

次第に明るくなり、この時間には僕ら以外に誰もいない。とても美しい時間帯。

しかし、前日の雨が影響して、雪はカチカチ。

スキーアイゼンが無いとかなりシビれる登り。ときどき生まれたての子鹿のようになりながらもなんとか登りきることができました。

立山バックカントリーこの空の色は、この時間にここに入れたから見ることができた色。

立山バックカントリー

稜線の向こうには槍ヶ岳や穂高が見える。

モルゲンロートに焼けた山々。

ご来光は山の影でしたが、この景色が見たくて早起きをしたんです。来て良かった!

立山バックカントリー

お疲れ様!

立山バックカントリー

雪は硬いが、気持ちは熱い!

朝ごはんを目指して、本日1本目の滑走!

立山バックカントリー

テント場に戻った僕らは、太陽が昇るまでのんびりと朝食を摂り、2ラウンド目を開始です。

ハイアルパインは、風が強く飛雪が舞い、薄く積もった新雪が全て飛ばされてしまっている雰囲気。氷がむき出しになった山は太陽の光を反射してテカテカです。

僕らは雪が溜まっていそうな場所を探りながら行動することにしました。

斜面のほとんどはノートラック!

立山バックカントリー

氷の上にうっすらと載った新雪を蹴散らしなんちゃってパウダー(笑)

立山バックカントリー

でも、ビッグマウンテンの雰囲気はそのままです!

立山バックカントリー

11月の立山は、シーズン初滑りでありながら、アルパインエリアに挑むというかなりハードルの高いシチュエーションではありますが、ブルースカイに新雪のホワイトのコントラストがハイシーズンに向けてのモチベーションを高めてくれます。

雪は優しくありませんでしたが、十分に楽しいスキーイングです!

立山バックカントリー

アルペンルート立山最終日。

明日から4月中旬まで、深い深い雪の中に閉ざされる立山。

僕らはテントを撤収してパッキング。来た時よりも荷物の量が増えているのが可笑しいです。

立山バックカントリー

初日の荒天、二日目の好天!

テント泊だったから味わえた自然の厳しさと美しさ。

来シーズンも最終週末はテントに決まりかな。

たった二日間でしたが、とても充実をした時間を過ごすことができました。

ご参加のみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました!!!

*******

12月からはしばらく滑り込み期間に入ります。

ハイシーズンの最高のコンディションを迎えた時に、自分らしいパフォーマンスができるように滑り込みです!

今シーズンは今のところ雪が遅い雰囲気ですが、そろそろ冬将軍も本領を発揮してくるはず。KnTouNユーザーの皆さん、ぜひ本番に備えて行きましょう!

ハイシーズンにみなんとセッションできることを楽しみにしています!

 

KTN

Kenichi Minegishi

SEASON IN TATEYAMA BACKCOUNTRY SESSION 141124 シーズンイン立山バックカントリーセッション

シーズンイン立山!バックカントリーセッション!DAY-5!
DSC_0076

今日は天気が下り坂。暗黒な雲がモクモクモクモク。
DSC_0642

という事で今日は早め勝負!なのです。
DSC_0644

そしてさっそくドロップイン!雪は良さそうですよ!
DSC_0003

ところが・・・が・・・
DSC_0020

まさかの・・・フラットライト。
う~ん、全然見えません。
ならばこっちはどうだ!
DSC_0038

こっちのほうが多少よさそうです。
どちらにしても雪はいいんだけどなあ。
DSC_0052

まるで迷路のようなボトム。ここへ来ると雪の少なさを実感します。
DSC_0074

隠れた石に気をつけながら、フラットライトの中をなんとか滑りきり。お次は国見岳へ急登。
普段はあまり登らないルートで山頂まで。
なかなかの斜度なので、フルキックターンで登りきりました。
DSC_0075

そして山頂。
山頂での会話はすでにウィスラーツアーの話題に。
いや、数日前から立山にいるのに話題は常にウィスラー。
それだけ楽しみって事ですね。
DSC_0079

そして本日のラストラン。ドロップイーン!
DSC_0111

DSC_0120

DSC_0121

DSC_0085

DSC_0105

一日を締めくくるフラットライト。でも雪質はGOOD! 
じゃあ、下山して薬師の湯でも行きますか~。
お疲れさまでした!!
DSC_0133

シーズンイン立山バックカントリーセッション。
前半の五日間が無事終了いたしました。
積雪こそ少なかったものの、逆に天気が良かっ事がラッキー。
そして、なにげに全滑走パウダーでした!!
ご参加いただいた皆様、おつかれさまでした!
ありがとうございました。

立山後半戦は今週末29日30日。テント泊プランとなっております。
そしていよいよ来月はウィスラーツアー。あ~早く行きたい!

ウィスラー、北海道、八甲田。と12月は滑り込み系ツアーが続きます。
本格的なバックカントリーシーズンに向けて、一緒に滑り込みましょう!