北海道パウダートリップ 後半編 その1

DSCN8336

2015年12月19日(土)北海道パウダートリップ後半ツアーのスタートです!

前夜は運転することも危ういほどガンガンに雪の降っていた道北です。ただ、雪不足のためにゲレンデのボトムまでしっかり滑りきることができるスキー場が少ないため、ガンガン降雪のあったエリアよりも少しだけ南に移動をして、富良野スキー場へやってきました。

DSCN8335

おっと〜!パウダーではないですか〜!?

標高1000mを超える山頂付近はドライなパウダーがもっさりと積もっていました。
DSCN8334

本日よりご参加の皆さんは初滑りの方々が多かったので、足慣らしをしつつ徐々にパウダーゾーンへ。

やっぱりふかふかパウダーは、最高です!

DSCN8338

林の中は藪が埋まりきらないので、少々忙しいですが、それでも雪は良い!!
DSCN8337

ひゃっほーー!

DSCN8346

日が落ちるのが本州よりも早い12月の北海道。気がつけ薄暗くなりスキー場は閉店でございます。

IMG_4044

先週までは街に雪のなかった旭川もようやく白くなりました。

そして、もくもくの炭火焼、塩ホルモンの「炭や」!
IMG_4045

もくもくすぎて店内で遭難しそうでしたが、ビールやハイボールが進む〜♪そして激安!

ごちそうさまでした!

DSCN8347

12月20日(日)メンバーが増えてカムイスキーリンクス!

滑り込みをしっかりやりますよ〜!

DSCN8349

スキー場のボトムまでくると陽気は春?いやいや、ポカポカな12月です。

圧雪をとにかくたくさん滑って体が温まってきましたよ〜。

DSCN8351

午後はプチサイドカントリーで祭りの後的なボコボコパウダーで腿に喝を入れます!

DSCN8367

ボコボコを滑りに来たのにノートラックがあるとそっちへ吸い込まれる。。。

気合がたりーーん!でも、それが普通ですね(^^)
DSCN8350

これでもかというほどにボコボコパウダーを滑り倒す!

DSCN8359

ボコボコといえどソフトな雪は気持ちいいすな〜。

DSCN8370

これまたラストまで滑りきって滑りの部が終了。よく頑張りました。

IMG_4047

夜の部開始!

IMG_4048

貝からの出汁だけを使った鍋というか焼き?

これが絶品です!

IMG_4055

お腹がパンパンでも1日1ラーメン!

中辛で四川みそラーメン!ここは毎年きちゃいます。

IMG_4058

そして、昼間に融解した雪が夜になって冷え込み、恐怖のツルツルワールド!

危険です!
IMG_4051

日本最北端ですか。

旭川の夜、、、楽しすぎて危険です!

 

つづく

 

KTN

峯岸健一

TOHOKU SNOW CARAVAN 2014 【東北スノーキャラバン】

東北スノーキャラバン
【東北スノーキャラバン】

ゴールデンウィークの東北をロードトリップします。
青森の岩木山や鳥海山、八幡平、秋田駒ヶ岳、月山、蔵王など、冬期閉鎖されている道路が開通して入山へのアクセスがよくなる山を滑りましょう!その時のコンディションで動きを考える「行き当たりばったりプラン」です。各自の車で連なって旅をしましょう!東北の山、食事、温泉など丸ごと楽しむ壮大なスノーキャラバンです!

宿泊は基本的にキャンプ、車中泊です。焚火な夜を過ごせるように焚火台を持って行きます。地元の食材を使ってみんなでキャンプごはんを楽しみましょう。また、各地の名店を巡ったり、もちろん温泉も!
突然のホテルや民宿などの宿泊もあるかもですが、臨機応変に行きましょう。


対象レベル
Level 2.5 以上

【レベルについてはこちらをご参照ください。】


開催日
2014年5月3〜6日の4日間
2日以上のご参加よりお受けいたします。

途中参加、途中離団は自由です。

集合場所は、前日までにご連絡いたします。

定員:10名程度(最小催行人数5名)

開催が決定いたしましたので、引き続き参加者募集中です!


ガイド料金:13000円/1日


持ち物:滑走用具、バックカントリー基本装備(ビーコン、プローブ、ショベル、歩行用具)、行動食、お飲物(1リットル以上)、日焼け止め、サングラス、日よけの帽子、汗ふきタオル、ワックスなど。
キャンプ道具:寝袋(0度程度まで対応のもの)、マット、食器類、テント、イス、テーブルなど

テントはこちらでも大きなものを用意しますので、お持ちでない方はご利用ください。

レンタル:ビーコン(1,500円)、スノーシュー(1,000円)、プローブ、ショベル、トレッキングポール、バックパック(各500円)、ビーコン、ショベル、プローブ3点セット(2,000円)
※要予約


備考

集合の際には、入山する準備を整えてお集まりください。

ご自身の滑走道具、バックカントリー装備に関しては、破損などないかをツアー開始前までに必ずご確認ください。


昨シーズンの東北スノーキャラバンの写真です。