ガイドのご挨拶

峯岸 健一(MINEGISHI KENICHI)

私がバックカントリースキーに気づいたのは
20歳の時にサーフィンを始めたことがきっかけでした
自然のエネルギーである波を滑るのと同じように
自然の雪山でスキーがしたい
自分の足で山を登って、思うがままに滑ってみたい
リスクがあるからこそ自由を感じました
バックカントリースキーは生涯続けたいと思っています

バックカントリースキーガイド(since 2003)

1972年5月9日生まれ

息子が二人

マテリアル:アルパインスキー

スポンサー:Norrona、4FRNT SKI, BlackDiamond、Smartwool、Hestra glove、Poc Sports

主な海外の山歴:デナリ山頂よりスキー滑走、ヨーロッパオートルート、マッターホルン登頂、キリマンジャロ登頂、エルブルース登頂、アララト山登頂など。

フルマークス:Rider’s Voice(ご紹介いただいております)